今年のGWは日帰りで楽しみたい、面白い関西の穴場に行ってみよう!

今年のGWは日帰りで楽しみたい、面白い関西の穴場に行ってみよう!

今年のGWは日帰りで楽しみたい、面白い関西の穴場に行ってみよう!

 

 

今年のGWは日帰りで楽しみたい、面白い関西の穴場に行ってみよう!

 

 

大型連休には遠くとか、海外へ出かける人も多いもの。

 

 

そんなとき、あえて今年は日帰りの旅を楽しむのも新鮮なものではありませんか。

 

 

何よりも気軽に行けるのがいいですよね。

 

 

関西には面白く、楽しい穴場が一杯です。

 

 

 

そこで今回は、

 

 

◆関西では、ハラハラ、ドキドキのテーマパークはどこがいいの?

 

◆カップルで行く、ロマンチックな景色の良いスポットはどこ?

 

◆子供を連れて工場見学に行きたいが、どこがいいの?

 

 

 

これらについてお伝えします。

 

 

お出かけの参考にして頂けたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

◆関西では、ハラハラ、ドキドキのテーマパークはどこがいいの?

 

 

テーマパークといえば、関西ではユニバーサルスタジオジャパンが有名ですが、今回はあえて誰でも知っているところは外しましょう。

 

 

・神戸市北区山田町小部字妙賀山の「神戸スカイアドベンチャーすずらん」が一押しです!

 

 

アスレチックなのですが、単なる子どもの遊びではありませんよ。

 

 

遊園地のジェットコースターなみの、スリルと興奮が味わえる大人向きのものです。

 

 

それは命綱を駆使し、自然の森をそのままアトラクションにしたものや、まるでターザンのように何メートルもあるところから滑り降りたりします。

 

 

冒険好きな人には堪りませんね。

 

 

 

 

 

 

想像しただけで足がすくむような、これまでの子供が遊べるものとは一線を画した大人向けのアスレチックになっています。

 

 

空中に張り巡らされた全長200メートルのアスレチックには、18ものアトラクションが並んでいます。

 

 

ロープや丸太など、グラグラ動く不安定な足下なので、必然的に下を向かなといけないのが怖くて、スリル満点ですよ。

 

 

 

・滋賀県彦根市古沢町の「ひこねスカイアドベンチャー」も、スリル満点です。

 

 

地上8メートルの高さで空中に広がるアスレチックや、全長200メートルの空中スライダー、日本初登場の空中ブランコにも、息をのむ迫力があります。

 

 

 

 

 

 

JR東海道本線・彦根駅からは徒歩15分ですが、駐車場もあります。

 

 

 

・少し変わった冒険がしたいなら兵庫県篠山市矢代の「ユニトピアささやま」がいいでしょう。

 

 

京都の四季の移ろいを感じながら遊ぶことができるリゾート施設です。

 

 

 

 

 

 

アスレチックコースは「篠山城探訪コース」「助太郎さん民話コース」の2つのコースがあり、ポイントがそれぞれ約20ヵ所という本格的なアトラクションです。

 

 

遊んだあとには、光明石温泉の露天風呂、寝湯、打たせ湯、薬湯、サウナなどで疲れをいやし、さっぱりとした気分で帰宅できます。

 

 

 

・三重県桑名市長島町浦安にある「ナガシマスパーランド」もオススメです。

 

 

小さな子どもも楽しめるキッズタウンから絶叫マシンまで、色々な種類がある巨大遊園地です。

 

 

人気ナンバー1の「スチールドラゴン2000」が、一番のオススメです。

 

 

 

 

 

 

広い駐車場もありますよ。

 

 

ランチタイム限定の「ホテル花水木」のレストランが利用できます。

 

 

 

 

◆カップルで行く、ロマンチックな景色の良いスポットはどこ?

 

 

・意外な関西のデートスポットの穴場となっているのが「関空展望ホール」のスカイビューなのです。

 

 

ただの展望デッキではありません。

 

 

360°見渡せる展望デッキは絶景で、昼も夜も素敵です。

 

 

 

 

 

 

展望台のある建物の3階には機内食が食べられるレストランや、滑走路が見えるカフェもありますので、思いを馳せながら2人で語らうのも楽しいですね。

 

 

展望ホールまでは第1ターミナルから、無料のシャトルバスが出ているので、気軽に行けます。

 

 

 

・「神戸ハーバーランドクルージング」はいかがでしょうか。

 

 

食事無しプランならそんなに高くなく、プランによっては手軽に広いエリアまで観光できます。

 

 

もちろん食事つきプランなら、ロマンチックに広がる外の景色を眺めながら、自然に会話も弾みます。

 

 

神戸中突堤中央ターミナル「かもめりあ」で各社の乗船チケットが購入できます。

 

 

「ルミナス神戸」は昔から神戸を代表とするクルージング船で、明石海峡大橋まで行きます。

 

 

こちらの乗船券は、神戸メリケンパークオリエンタルホテル2階にあります。

 

 

 

 

 

 

とにかく神戸は活気ある昼の景色も、またイルミネーションに彩られた夜の景色もステキです。

 

 

2人で眺めれば、愛が深まること間違いなしですよ。

 

 

 

・和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見の、すさみ温泉のリゾートホテル「ホテルベルヴェデーレ」は、日帰り温泉のロケーションが素晴らしいです!

 

 

5種類の地中海風露天風呂からは、眼下に雄大な海の景色が広がり、気分が洗われます。

 

 

ホテルの敷地内約1000mから湧き出る硫黄分を含んだ源泉は、アルカリ性単純硫黄泉ですので、皮膚病、婦人病などに適しています。

 

 

 

 

 

 

また冷え性や消化器病にもよく、入浴後は肌にしっとりとした質感があり「美人湯」とも呼ばれていて、女性には嬉しい温泉です。

 

 

特に女性に人気なのは、バラなどのお花が浮かんだ「バラ風呂」です。

 

 

ほかには太平洋を見下す「足湯」もあります。

 

 

 

 

◆子供を連れて工場見学に行きたいが、どこがいいの?

 

 

・大阪府高槻市朝日町の「明治・大阪工場」は、巨大な板チョコの看板が有名で、世界最大のプラスチック製看板として、ギネスブックに登録されています。

 

 

予約が必要で、子どもたちが大好きな、カールやきのこの山の製造工程を見学することができます。

 

 

 

 

 

 

見学や駐車場は無料ですが、駐車場の予約は必要です。

 

 

 

 

・大阪府大阪市北区天満にある「造幣局本局」は、社会見学として親子で学習できますよ。

 

 

今年のGWは日帰りで楽しみたい、面白い関西の穴場に行ってみよう!

 

 

中では、「貨幣工場」と「造幣博物館」の見学をすることができ、子どもにとっても興味津々でしょう。

 

 

金属の板から1円貨幣や500円貨幣になっていく様子は、関西ではここでしか見られません。

 

 

「造幣博物館」では、造幣局やお金の歴史、外国の貨幣、貴重な展示品の数々を見ることができ、大人も子供も勉強になります。

 

 

見学の10日前までには申し込みが必要です。

 

 

 

・神戸市西区高塚台「グリコピア神戸」は、ポッキーが有名過ぎて、それほど穴場とは言えないかも知れませんね。

 

 

お馴染みのポッキーやプリッツの製造が見られ、子どもたちは大喜びです。

 

 

オリジナルアニメーションが立体映像で楽しめる「3Dシアター」があり、楽しみながらお菓子の勉強が出来ると好評です。

 

 

またグリコのおもちゃが展示してある休憩室や、カカオの木、カカオの実を体感することもでき、チョコレートについて詳しく学習できます。

 

 

 

 

 

 

事前の予約が必要ですが、入場料は無料です。

 

 

 

いかがでしたか。

 

 

行きたいところは見つかりましたか?

 

 

楽しいゴールデンウィークになるように、しっかりプランを練るのも楽しいですね。