痛い?ピンクゼリーって危険!?

痛い?ピンクゼリーって危険!?

痛い

 

 

女の子の産み分けを成功させるために使用する産み分けゼリーであるピンクゼリー、膣内を酸性の状態に保つことができるとされていますが、使用すると子宮が痛いとの口コミもみられます。

 

 

ピンクゼリーを使うことで痛みや副作用などはあるのでしょうか?

 

 

ピンクゼリーは、厚生労働省から承認された管理医療機器商品で、使用されている成分は安全性が保証され人体に影響のない成分ですので副作用の心配はほとんどありません。

 

 

ピンクゼリーはタンポン状のスティックに入っており、それを膣内に入れゼリーを注入するのですが、スティックを膣内に入れることに抵抗のある方は緊張から膣内が収縮し痛みを感じることもあるかもしれません。

 

 

排卵日2日前の使用が推奨され、排卵痛や子宮筋腫の可能性もありますので、ピンクゼリーを使用して子宮が痛むと症状のある方は医療機関を受診し検査してみることをおすすめします。

 

 

排卵日予測のために基礎体温の測定や排卵検査薬の使用のほか、医療機関でのエコーで排卵日の予測もしていただけますので、使用前に自分の身体の状態を知ることは、妊娠するために必要なことですよ。

 

 

成分の詳細が知りたい方は、ジュンビー株式会社公式サイトに表記されていますので、ぜひご参考くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら