ピンクゼリーは頭痛薬や風邪薬と併用しても大丈夫?

ピンクゼリーは頭痛薬や風邪薬と併用しても大丈夫?

頭痛薬や風邪薬と併用

 

 

ピンクゼリーは女の子が産まれる確率を高めるために排卵日の2日前に使用することが推奨されていますが、排卵日の2日前が体調万全であるとは限りませんよね。

 

 

ピンクゼリーは頭痛薬や風邪薬と併用しても大丈夫か気になるところ。

 

 

妊娠出産の高齢化や女性の社会進出などで、より効率よく希望する性別の赤ちゃんが欲しいという方が増え、手軽に行える産み分けゼリーであるピンクゼリーを使用する夫婦が増えています。

 

 

毎日仕事と家事を両立させて…排卵日近くには仲良しを頑張って…ある意味業務のようになりつつある妊活です。

 

 

ピンクゼリー自体は、化粧品やスキンケアコスメ、医療機器の洗浄や人体に含まれているものと同じ成分が配合されていますので、頭痛薬や風邪薬と併用しても体に害を及ぼすものではありません。

 

 

しかし、体調が悪いときには基礎体温や女性ホルモンが乱れ、排卵がしにくくなるといったことや男性では精子の運動率が低下、白血球数値が上がってしまうなど妊娠しにくくなる可能性がありますので注意が必要です。

 

 

産み分け妊活に必死になりすぎず、体が疲れているときにはゆっくりしてまた来月頑張ろうといったゆったりした気持ちも大切ですよ。

 

 

ピンクゼリーを使うとどうしても「短時間であっさり浅め」のセックスが求められますので、業務的になりがちですが、仲良くラブラブなセックスをすれば赤ちゃんもきっと来てくれやすくなるはずです。

 

 

ホルモンバランスを日ごろから整えておくために日常の生活習慣を整え、妊娠しやすい身体作りを行い、ピンクゼリーを使ってコウノトリが女の子を授けてくれるように産み分けチャレンジしましょう。

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら