【マジ!?】ピンクゼリーで流産のリスクが上がる?

【マジ!?】ピンクゼリーで流産のリスクが上がる?

流産のリスク

 

 

「産み分けゼリーを使用して妊娠され、残念ながら流産してしまった、ピンクゼリーのせいなんじゃないか?」と知恵袋や2chといった口コミサイトでみられます。

 

 

流産してしまうと心も体も傷つき、何か自分が悪いことをしてしまったんじゃないかと不安で後悔してしまいますよね。

 

 

ピンクゼリーは、膣内の酸性濃度を高め、男性の精子の女の子が産まれるX染色体を優勢にする産み分けゼリーですので、流産しやすくなるというリスクはありません。

 

 

流産の多くは妊娠15週(4カ月)までに起こりやすく、妊娠した方全体の内約15%の確率で起こり、その内、妊娠初期である妊娠12週での流産は全体の8割以上となっています。
妊娠初期の流産では胎児の染色体異常がほとんどですので、ピンクゼリーで産み分けを行ったから流産したということはないでしょう。

 

 

ただし、健康な男性と女性が妊娠を希望してセックスをした場合、妊娠の確率は20%程度ですがピンクゼリーを使って産み分けをした場合、精子に含まれるX染色体とY染色体の内、X染色体を優勢にするという仕分けを行いますので、妊娠できる確率は下がってしまいます。

 

 

ピンクゼリーは、産婦人科医と共同開発された管理医療機器であり、配合されている成分も口に入れても安全なものですので、体に害があるものは含まれていません。

 

 

流産のリスクがある成分が入っているか気になる…という方はジュンビー株式会社さんの公式サイトに全成分の表示がされていますのでご参考くださいね。

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら