ピンクゼリーは子宮筋腫や子宮内膜症でも使える?

ピンクゼリーは子宮筋腫や子宮内膜症でも使える?

子宮筋腫や子宮内膜症

 

 

子宮筋腫や子宮内膜症は、出産年齢の高齢化が進み、30代〜40代の女性に多い疾患のひとつですが、妊娠を希望したとき、高齢であればあるほど産み分けして希望の性別の赤ちゃんを授かりたいと思う方が少なくありません。

 

 

産み分けゼリーのピンクゼリーは子宮筋腫や子宮内膜症の方でも使えるのでしょうか。

 

 

私も子宮筋腫を抱えての妊活、出産を体験しましたが、子宮筋腫や子宮内膜症は妊娠できる確率がグンと下がってしまう傾向があり、私自身も不妊治療を続けて妊娠することができました。

 

 

ピンクゼリーを使用することで、男性の精子のX染色体(女の子)、Y染色体(男の子)のうち、X染色体を優勢にして卵子に到達させることになるため、通常の妊活に比べるとY染色体を劣勢にしてしまうので妊娠する確率が下がってしまいます。

 

 

また、子宮筋腫や子宮内膜症では生理不順や女性ホルモンのバランスの乱れがありますので、ピンクゼリー使用で推奨されている排卵日2日前の予測が難しいことも考えられます。

 

 

妊活をしようと決める前から基礎体温を計測しおおよその排卵日を確認しておくこと、基礎体温がきれいな2層にならず排卵日が不確かな場合は、服薬や注射で正常な排卵を促すことや女性ホルモンの安定をクリニックで指導されるかもしれません。

 

 

ピンクゼリーの成分は、公式サイトに全成分表示されており、安全性の高いものが配合されていますが、かかりつけのクリニックがある場合は、産み分けでピンクゼリーを使用しても良いか尋ねてからスタートしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら