どんな仕組み?ピンクゼリーでの産み分けの仕組み徹底検証!

どんな仕組み?ピンクゼリーでの産み分けの仕組み徹底検証!

仕組み

 

 

ピンクゼリーを使って女の子の産み分けチャレンジをしている方はその仕組みをご理解されていますでしょうか?

 

 

男性の精子にはX染色体とY染色体が存在し、女性の卵子にはX染色体のみ存在します。
精子と卵子が受精する際に、X染色体が受精するとXX染色体となり女の子、Y染色体が受精するとXY染色体となり男の子が産まれるということになります。

 

 

子どもの性別は男性で決まるという噂はここからきているのですね。

 

 

女の子を授かりたいと思う場合は、男性の精子のX染色体が卵子に到達しやすくする必要があり、X染色体の特徴として、「アルカリ性に弱く、酸性に強い」「動きが遅く寿命が2〜3日程度」「Y染色体に比べると数が少ない」ということが挙げられ、これをサポートしてくれる産み分けゼリーとしてピンクゼリーが使われています。

 

 

平常時の膣内は弱酸性に保たれ、妊娠する確率の高い排卵日が近づくにつれてアルカリ濃度が高まっていきます。

 

 

ピンクゼリーは酸性濃度を高める作用があり、X染色体を卵子に到達させやすい効果が期待できるものです。

 

 

また、X染色体の動きが遅くジュ描画2〜3日程度ということからピンクゼリーを使用した産み分けセックスの日は排卵日2日前が推奨されています。

 

 

赤ちゃんは授かりものですので、ピンクゼリーを使っても100%の産み分けは望めませんが、多くの方が高い確率で希望の性別の赤ちゃんを授かっています。

 

 

産み分けを希望する方はピンクゼリーの仕組みを理解した上で使用してくださいね。

 

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら