ピンクゼリーを使って産み分け体験談!3人目に女の子を!

ピンクゼリーを使って産み分け体験談!3人目に女の子を!

産み分け体験談

 

 

5年前に結婚し、2人の可愛い男の子を授かりましたが、3人目にどうしても女の子が欲しくて…夫婦で話し合ってピンクゼリーを使って産み分けをすることになった体験談をお話します。

 

 

産み分けする方法として、自己流のタイミング法、巷で話題のライム洗浄、クリニックでの産み分け、産み分けゼリーと4種類の中から選ぶことに。

 

 

まず、自己流のタイミング法ですが、もともと基礎体温を毎日計測していましたので排卵日の予測はできていましたが、もう年齢的にも時間が少ないのでより確実な方法をということで却下。

 

 

ライム洗浄は、セックスの前にライム水で作ったビデを膣内に注入し洗浄するという方法、膣内の酸性濃度が高くなり女の子が産まれやすくなるという方法ですが、ライム水を作る手間や衛生面を考えた結果、面倒くさそうだったので却下。

 

 

クリニックでの産み分けですが、産み分けを行っているクリニックまで通院するのに1時間かかること、小さい子ども2人抱えての通院は大変ということで却下…

 

 

そしてインターネットで話題の産み分けゼリー、調べてみると多くの企業から産み分けゼリーが出ていて種類も色々。

 

 

大きく分けるとセックスの前に産み分けゼリーを湯煎にかけてシリンジで膣内に注入するタイプとビデタイプでそのまま注入するタイプの2種類があり、できるだけ簡単に素早くするためにビデタイプに決定。

 

 

中でもジュンビー株式会社さんの「ピンクゼリー」は、品質も天然成分で医療機器や化粧品に使用されていて安全性の高いもの、産婦人科医と共同開発されたもの、厚生労働省の承認を受けたということで安心して使えるということで決定。

 

 

女の子の産み分けのためには排卵日2日前のセックスが大切、そしてセックスの前に使い切りタイプのピンクゼリーを1つ膣内に注入し、5分くらい待機、膣内にピンクゼリーをよく浸透させ酸性濃度を高めるのがポイントです。

 

 

セックスのときに女性が気持ちよくなりすぎてしまうと膣内のアルカリ濃度が高まってしまいますので、なるべく浅くあっさりセックスを心がけ、精子も薄い方が良いとのことで当日までに主人は一人で頑張っていました…

 

 

セックスが終わった後は、ピンクゼリーと精子が漏れないように腰にクッションを置いて腰上げして30分くらい待機。

 

 

あんまり仲良しを感じることのできる営みではありませんでしたが、女の子のため!と半年頑張った結果、現在妊娠8ヵ月。

 

 

エコーで女の子のお墨付きをいただきました!

 

 

まだ産まれてくるまでは安心できませんが、男の子でも女の子でも授かった大切な我が子です。

 

 

ピンクゼリーは100%ではないので、大きい気持ちを持って産み分けチャレンジできる方におすすめです。

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら