ピンクゼリー排卵日3日前の使用は早すぎる?

ピンクゼリー排卵日3日前の使用は早すぎる?

排卵日3日前

 

 

ピンクゼリーで産み分けを行う場合、一般的にいわれている排卵日2日前ではなく、3日前でも産み分けができるということをご存知でしょうか?

 

 

精子の寿命は一般的に男の子になる精子が24時間程度、女の子になる精子が3日程度といわれていますので、排卵日より前に性交をすることで妊娠しやすい排卵日には女の子になる精子が生き残り、卵子に到達するということになります。

 

 

女性の膣内は通常弱酸性に保たれていますが、排卵日に近づくことや、ストレスや疲労、オーガズムを感じてしまうことでアルカリ濃度が高い状態になってしまいますが、ピンクゼリーは、ゼリーを注入することで膣内の酸性濃度を通常の弱酸性よりも高い酸性濃度にするものです。

 

 

排卵日の2日前をクリアするためには、普段から基礎体温を計る、排卵検査薬を使用する、クリニックでエコーをしてもらう等ありますが、仕事で時間がなかったり忙しかったりするとなかなかクリアできない方もいらっしゃるかと思います。

 

 

この、タイミング法を試すことができない場合はピンクゼリーでの酸アルカリ法が有効になるので、排卵日の3日前でも一定の効果は期待できるでしょう。

 

 

ただし、排卵日に近い方が妊娠はしやすくなるということは覚えておきましょう。

 

 

より確実に女の子の産み分けを成功させるためには、排卵日2日前を狙ったタイミング法とピンクゼリーとを併用しましょう。

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら