ピンクゼリーを2本使ってもいい?産み分け確率が変わる?

ピンクゼリーを2本使ってもいい?産み分け確率が変わる?

産み分け確率

 

 

女の子を授かりたい方の間で注目されているピンクゼリー、女の子の産み分けゼリーとして話題になっています。

 

 

ジュンビー株式会社のピンクゼリーは1回分使い切りの個包装になっていて、容器はタンポンタイプですが、本当に1本で足りるの?という方、2本使用したら成功する確率が上がるの?という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

膣内を酸性濃度の高い状態にする分に1本で十分とされており、公式サイトの説明でも1本を1回の性交に使用すると記載されています。

 

 

ピンクゼリーの成分は医療機器の洗浄や化粧品に使用されている自然由来成分や口に入れても安全な成分ですので、2本使用したとしても副作用や身体へのリスクの心配は少ないようです。

 

ピンクゼリーを使用した場合、女の子を産み分けることができる確率は80%程度とされていますので、2倍使ったからといって産み分けの成功確率が2倍になるわけではありませんので注意しましょう。

 

 

実は私もピンクゼリーを産み分けで使用していた経験があり、使用し始めてすぐの頃は使い方に慣れておらず、注入後ゼリーを漏らしてしまったことが何回かありました。

 

 

その際に追加で2本目を注入したことがありましたが妊娠せず。

 

 

通常に使用した場合に妊娠し、現在は女の子のママをしておりますので、2本使用しても問題はないけれど、妊娠する確率や女の子が産まれる確率は変わりないということを覚えて産み分けチャレンジしてみるといいでしょう。

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら