知っておくべき!排卵日当日にピンクゼリーを使ってはいけない理由

排卵日当日にピンクゼリーを使ってはいけない理由

排卵日当日

 

 

女の子の産み分けゼリーとして有名なピンクゼリーですが、排卵日当日に使用してはいけない決まりがありますがどうしてでしょうか?

 

 

理由を調べてみましたのでご紹介しますね。

 

 

ピンクゼリーはゼリーを注入し膣内を酸性にすることで、アルカリ性に強いといわれる男の子が産まれやすくなる精子を減らし、酸性に強いといわれる女の子が生まれやすくなる精子を多く残すことができます。

 

 

通常膣内は酸性の状態ですが、排卵日に近づくとともに膣内のアルカリ濃度が高くなり、酸性濃度が低く、排卵日当日にはアルカリ濃度がピークに達します。

 

 

そのため、排卵日当日にピンクゼリーを使ってもアルカリ濃度が高いため、酸性作用が十分に作用せず、女の子の産み分けが成功しづらく、男の子が産まれる可能性が高くなってしまいます。

 

 

精子の寿命は24時間〜72時間、膣内寿命は48時間〜72時間で、排卵日の2日〜前日の性交が最も妊娠しやすい時期と言われています。

 

 

女の子の産み分けを成功するためには、使用方法通り、より酸性作用の高い排卵日2日前にピンクゼリーを使い性交することが大切です。

 

 

ピンクゼリーを販売されているジュンビーさんでは公式サイトにも詳細な使用方法や効果、口コミが掲載されていますので、気になった方はチェックしてみましょう。

 

 

 

 

ピンクゼリーの悪い口コミ・悪評は本当?使ってみた感想や効果について

 

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら