ピンクゼリーを2日連続で使用しても大丈夫?

ピンクゼリーを2日連続で使用しても大丈夫?

2日連続

 

 

現在、産み分けの主流となりつつあるのがピンクゼリーを使った産み分け方法ですが、安全で手軽、コスパも良いことから口コミ評価も高く注目されていますね。

 

 

そんなピンクゼリーの使い方は排卵日2日前の性交前にピンクゼリーを膣内に注入し、あっさり淡泊な性交をする、というものですが、どうしても女の子が授かりたい方は妊娠率を高めるために2日連続でピンクゼリーを使用することもあるかと思います。

 

 

ピンクゼリーを2日連続で使用しても副作用や身体に問題はないのでしょうか?

 

 

ピンクゼリーは身体に害のない成分が配合されていますので、2日連続で使用しても副作用や問題はないとされています。

 

 

女性の膣内は、排卵日が近づくにつれアルカリ性が強くなり、特に排卵日当日はアルカリ性がピークになるとされているので、女の子が欲しい場合は排卵日2日前の膣内のアルカリ性がまだ低い状態のときに性交をすることが推奨されています。

 

 

排卵日が近くなるにつれてピンクゼリーの酸性作用が弱まってしまい、女の子の産み分け率としては2日前に比べると低くなってしまいますが、女の子の産み分けでは薄い精子が望まれますので、性交2日目の薄まった精子では女の子ができやすいということも考えられます。

 

 

妊娠率は高くなりますので、「できれば女の子がいいけど男の子も授かれば嬉しいな」という方には2日連続の性交はおすすめです。

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら