排卵前日の効果は?ピンクゼリーを1日前に使用しても大丈夫?

排卵前日の効果は?ピンクゼリーを1日前に使用しても大丈夫?

排卵前日 1日前

 

 

上の子達2人は男の子、夫婦で話し合い「女の子も育ててみたい」と思いピンクゼリーで産み分けチャレンジをしてみようと決意した私達ですが、女の子の産み分けで排卵日2日前の性交が条件にありますが、1日前の排卵日前日にチャレンジしても産み分けできるのでしょうか?

 

 

女の子は膣内が酸性濃度の高い状態のときに射精をすることで女の子が産まれやすいX染色体をもつ精子を生き残らせ卵子に到達させるというもの。

 

 

排卵日2日前と決められているのは、排卵日に近づくにつれて膣内のアルカリ性濃度が高い状態になるとされていて、アルカリ濃度が高いと男の子が産まれやすい状態になってしまいます。

 

 

ピンクゼリーを使用する日が排卵日の前日になると、2日前に比べてアルカリ性濃度が高くなってしまいますので、女の子の産まれる確率はやや下がってしまいます。

 

 

それでも排卵日当日に比べるとまだ女の子が産まれやすい状態なのでチャンスはありますね。

 

 

せっかくピンクゼリーを使って女の子の産み分けチャレンジをするなら、基礎体温を測り、排卵検査薬で排卵日の予測をより確実にしてできるだけ排卵日2日前に性交した方がいいようですね。

 

 

様々な産み分けゼリーが販売されていますが、品質や扱いやすさといった点でジュンビー株式会社のピンクゼリーを使ってチャレンジしているところです。

 

 

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら