ピンクゼリーとHCG注射の併用は大丈夫?

ピンクゼリーとHCG注射の併用は大丈夫?

HCG注射

 

 

女の子の産み分けをしたい方の救世主ピンクゼリー、より確実にするためにクリニックで産み分け指導を受けている方も少なくありません。

 

 

クリニックでは、基礎体温表から排卵日の測定を行いタイミング療法の指導と、ピンクゼリーの処方がされますが、排卵日の調整と排卵促進のためにHCG注射をされる場合があります。

 

 

HCG注射は黄体ホルモンの分泌を促し、妊娠をサポートし、排卵を促す効果のある注射になりますが、一般的に注射をしてから24時間〜36時間以内に排卵するというものです。

 

 

ピンクゼリーが処方され、タイミングを見て性交の日が指導された後、HCG注射を受ける方が多いようです。

 

 

女の子の産み分けの場合、排卵日の2日前に性交が推奨されていますので、基礎体温やエコーで排卵日を予測してもらうことができます。

 

 

ピンクゼリーとHCG注射を併用しても大丈夫かどうかについてはクリニックの先生の指示があれば可能ということになります。

 

 

ピンクゼリー自体は、天然成分で化粧品や医療機器の洗浄で使われる原材料が使用されていますので副作用などのリスクはありませんが、産み分け自体が妊娠率を下げてしまうので妊娠しにくい方や不妊治療でHCG注射を受けている方は特に先生とよく相談してくださいね。

 

 

また、クリニックで処方されるピンクゼリー以外にジュンビー株式会社からもピンクゼリーが販売されていますので、こちらを使用する場合にもぜひ相談の上使用してくださいね。

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら