不妊治療中でもピンクゼリーは使用できる?

不妊治療中でもピンクゼリーは使用できる?

不妊治療中

 

 

不妊治療をされている方でも「女の子が欲しい」と性別に希望を持っているかたはいらっしゃいますが、不妊でもピンクゼリーは使用できるの?とお悩みの方は多くいらっしゃるでしょう。

 

 

ピンクゼリーは天然成分で人体に影響なく、厚生労働省から承認された管理医療機器商品として品質の安全も保障されているので使用することはできます。

 

 

ゼリーを膣内に注入し、膣内を酸性濃度の高い状態にするもので、女の子の産み分けでは排卵日の2日前に使用するという点、もともと精子は酸性に弱いという点、ピンクゼリーを使用したからではなく、産み分け自体が妊娠しにくく、X染色体を優先的に卵子に到達させるという点で妊娠の確率が下がってしまいます。

 

 

また、不妊治療でクリニックに通院されている方は、例えば黄体ホルモン機能が低下、精子の運動率が低い等の原因があるかと思います。

 

 

服薬やHCG注射といった不妊治療と併用しての使用となれば、クリニックのエコーで排卵日の予測もしてもらえますので、かかりつけの先生と相談しての使用をおすすめします。

 

 

また、不妊治療と産み分けを実施しているクリニックではパーコール法と呼ばれ、精子を遠心分離器にかけX精子を人工授精する女の子を産まれやすくする方法を用いる場合もありますのでぜひ相談してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

裏ワザ伝授!ピンクゼリー使用後はこれで妊娠率アップ

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら