徹底比較!ピンクゼリーとベイビーサポートの違いは?

徹底比較!ピンクゼリーとベイビーサポートの違いは?

比較

 

 

女の子の産み分けをするためには、産み分けを行っているクリニックに行き、産み分け指導と産み分けゼリーを使用する方法と、インターネットで購入して自宅で使うベイビーサポートやハローベビーなどの産み分けゼリーが有名でしたが、最近「ベビ待ちサポート専門会社」であるジュンビー株式会社さんからピンクゼリーが販売されました。

 

 

従来の産み分けゼリーとどのような違いがあるのか比較してみました。

 

 

まず気になる成分としては両者とも似たり寄ったりな感じで、天然成分や医療機器の洗浄等で使用される安心安全な品質の成分でした。

 

 

ピンクゼリーの方が成分の種類は少なく、よりシンプルな内容になっています。

 

 

お値段的にはピンクゼリーの方がお安くなっていて、初めて産み分けする方にとってはチャレンジしやすい価格になっています。

 

 

安ければ安い方が良いという方にもおすすめですが、何よりもピンクゼリーはまとめ買い購入をすることで葉酸サプリのおまけつき。

 

 

お値段も安くて妊活に欠かせない葉酸サプリがついてくるのはポイントが高いですね。

 

 

葉酸サプリにこだわりがある方やもうすでに用意されている方にはコスパアップにならないですね。

 

 

そして妊娠した場合、ピンクゼリーはおめでたキャッシュバックキャンペーンで余ったピンクゼリーを1箱買い取ってもらえ、ベイビーサポートも同様に、おめでた返金キャンペーンをされていますが、大きな違いとしてこちらは1本単位で買い取ってもらえるということ。

 

 

ベイビーサポートの方が、単価が高い分、買い取りしてもらえやすいというのはポイントが高く、購入後すぐに妊娠した場合にはこちらの方がお得ですね。

 

 

ピンクゼリーの容器や使用法については、どちらも変わりなく個包装、使い切りのタンポンタイプで排卵日2日前の性交前の使用が推奨されています。

 

 

ここまで見るとどちらも同じような感じがしますが、一番大きなポイントは、ピンクゼリーは「管理医療機器商品」であり、厚生労働省から承認を受け、安全性や品質が保障されているということでしょう。

 

 

クリニックで使用されている産み分けゼリーももちろん管理医療機器商品としての承認を受けていますので、安心できますね。

 

 

一方でベイビーサポートをはじめ他の産み分けゼリーは「雑貨」の分類になっており、管理医療機器商品は、商品を購入者にどのように販売できるかという薬機法上の制限という点で異なります。

 

 

体内に注入するものですので、より安全で安心できるものを使用したいのが本音ですよね。

 

 

それぞれの産み分けの効果や成功率については、使用する方の生理周期や排卵日、仲良しのタイミングなどにもよりますので、比較は難しいので気になった方はぜひお試ししてみてくださいね。

 

 

 

 

 

ピンクゼリーの悪い口コミ・悪評は本当?使ってみた感想や効果について

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら