危険性あり?ピンクゼリーのデメリットとリスク

危険性あり?ピンクゼリーのデメリットとリスク

kikensei

 

 

「次は女の子が欲しい」「女の子を産み分けして成功させたい」と希望する方が増え、産み分けゼリーであるピンクゼリーを使う方が多くいらっしゃいますが、ピンクゼリーを使用することで副作用や心配などのリスクやデメリットなどの危険性があるか心配されるでしょう。

 

 

今回は、ピンクゼリーを使用して産み分けすることでデメリットやリスクがあるのか、危険性についてご説明します。

 

 

ピンクゼリーとは、そもそも女の子の誕生を希望する方に向けてジュンビー株式会社が産婦人科医と共同開発された産み分けゼリーのことです。

 

 

医学的にも安全性が保証され、厚生労働省の管理医療機器商品としても承認されているので、安心して使用することができますね。

 

 

第三者機関の厳しい審査によって承認を受け品質保証がされており、過去にピンクゼリーを使って副作用や障害などがあったという報告はされていません。

 

 

使用する日は排卵日2日前の性交前に膣内に注入し、酸性濃度を調整し女の子が産まれる確率を高くする効果があります。

 

 

女の子が産まれやすいのは膣内が酸性の状態で、酸性に強い精子を卵子へ到達させるという条件が必要で、ピンクゼリーを使うことでそれをサポートしてくれる働きがあります。

 

 

では、その成分や原材料に危険性はないのでしょうか。

 

 

膣内という身体の中で最もデリケートな部分に直接注入するため、安全性に不安があると使うのを躊躇ってしまいますが、ピンクゼリーは化粧品や医療機器の洗浄などで使用される安全性の高い成分や自然由来成分が配合されていますので、副作用やデメリットなどの危険性はほぼありません。

 

 

また、ピンクゼリーの容器は1回分の使いきりタイプの容器になっていますので衛生的に使用することができますよ。

 

 

ピンクゼリーを使うことのリスクはありませんが、デメリットについてはどうでしょう。

 

 

実際に使用してみてデメリットはというと、使用する性交時が少し業務的になってしまうこと…くらいでした。

 

 

性交前にピンクゼリーを膣内に注入し、5分待ち、その後にあっさり浅い射精の性交をする必要があるので、仲良しを楽しむという雰囲気ではなかったことくらいです。

 

 

その後も女性はピンクゼリーが膣内から漏れないように腰上げをしなければいけないなど、ゆっくりと余韻を楽しむ雰囲気は作ることが出来ませんでした。

 

 

デメリットはこれくらいなので、女の子の産み分けが成功するまでは少し我慢ですね。

 

 

ジュンビー株式会社の公式サイトには成分の全表示や安全性の高さについて記載されていますので気になった方はチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら