使い方のコツは?ピンクゼリーの正しいやり方、効果的な入れ方について

使い方のコツは?ピンクゼリーの正しいやり方、効果的な入れ方について

コツ

 

 

ピンクゼリーの使い方のコツはご存知でしょうか?女の子の産み分けゼリーとして有名なピンクゼリーには効果をアップさせるやり方がありますのでご紹介します。

 

 

2年前に男の子を出産し、ママになったのですが、どうしても2人目で女の子が欲しいと希望した私達夫婦。

 

 

インターネットで調べて、自己流でできるライム洗浄やクエン酸洗浄を試したものの、手間がかかりなかなか長続きせず…産み分けを行っているクリニックに通うことも考えたのですが、子供も小さいので連れていくこともできず諦めかけていたときに、職場の同僚から教えてもらったのが、女の子の産み分けピンクゼリー。

 

 

「ベビ待ちサポート専門会社」であるジュンビー株式会社のピンクゼリーを教えてもらったのですが、排卵日2日前の性交前にピンクゼリーを膣内に注入するだけ、というお手軽さと、産婦人科医と共同開発され、厚生労働省から承認された管理医薬機器商品で品質にも安心でき、お試ししてみることにしました。

 

 

まず、排卵日2日前という予測は、息子を出産してからも基礎体温を計測していたので排卵日の予測はそれほど難しくはありませんでした。

 

 

より確実にしたかったので薬局で排卵検査薬も使いましたよ。

 

 

生理不順の方や基礎体温が高温期、低温期ときれいな2層になっていない方は排卵日の予測が難しいと思いますのでクリニックで予測してもらった方がいいかもしれませんね。

 

 

ピンクゼリーの使い方自体はとっても簡単で、性交前に1回使い切りタイプ、タンポン状の容器を膣内に入れ、ピストンを押してゼリーを膣内に注入します。

 

 

1回につき1本使用しますよ。

 

 

ピンクゼリーを膣内に注入したところで5分待機、膣内に浸透させるためです。

 

 

このとき、ゼリーも漏れないようにクッションなどで腰を高くさせておくことがコツです。

 

 

女の子の産み分けの性交のやり方のコツは「あっさり浅く射精」です。

 

 

女性がオーガズムを感じてしまうと膣内のアルカリ濃度が高くなってしまいますので、あっさりめの仲良しでとどめておくことが大切です。

 

 

性交が終わってからも気を緩めてはいけません、性交後は膣内のゼリーと精子が漏れないようにここでも腰にクッションを置いて高くしておきましょう。

 

 

私は30分〜1時間くらい腰を高くしていましたよ。

 

 

翌朝に膣内のゼリーが漏れてしまうので、ナプキンをつけておくと下着が濡れないのでおすすめです。

 

 

結果、半年後に女の子を無事に授かることができましたが、ピンクゼリーの使い方自体は簡単なのですぐに慣れると思いますが、排卵日の2日前という予測が難しいかもしれません。

 

 

産み分けを考えたときから基礎体温や排卵検査薬で自分の排卵日の予測をするようにしましょう。

 

 

ピンクゼリーの適切な使い方とコツで女の子の産み分けに成功しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら