ピンクゼリーよりも産み分けできる?ライム洗浄やクエン酸洗浄のpHは?

ピンクゼリーよりも産み分けできる?ライム洗浄やクエン酸洗浄のpHは?

pH

 

 

女の子の産み分け方法としてピンクゼリーが有名ですが、膣内のpH値を調整する産み分けチャレンジしている方の中にはライム洗浄やクエン酸洗浄を試している方も多くいらっしゃいます。

 

 

ピンクゼリーと比べてライム洗浄やクエン酸洗浄で産み分けをする場合リスクはないのか調べてみました。

 

 

女の子の産み分けを成功させるためには女性の膣内のpH値の測定がポイントになります。

 

 

膣内を酸性濃度の高い状態に傾けることで、女の子になる精子である酸性に強いX精子が生き残り卵子と結びつくことをサポートさせるからです。

 

 

ピンクゼリーはそれを利用して、膣内に酸性状態にさせるジェルを注入させる方法ですが、やはりコストがかかります。

 

 

もっと安くて手軽な方法はないかと考えられたのが、ライム洗浄やクエン酸洗浄。

 

 

薬局やドラッグストアで購入できる使い捨てビデを利用して、ライムやレモンの果汁を小さじ1〜2杯ビデの中に入れると酸性の水ができますよね。

 

 

それを性交10分前に膣内に注入し洗浄するといった方法です。

 

 

安価で手軽にできますが、自己流の産み分け方法なので膣内に雑菌が入り、酸性が強くて膣炎を起こす可能性もありオススメできません。

 

 

何よりも自己流で産み分けに最適なpH値を測定することは難しいため勘に頼らざるを得ないからです。

 

 

産み分けが成功する可能性のあるpH値は4〜4.5とされ、ライム洗浄やレモン洗浄等のクエン酸洗浄のpH値は2前後だそうです。

 

 

品質の保証がしっかりしている企業から販売されているピンクゼリーを使用することをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら