ピンクゼリーの効果的な使い方と正しい使用方法

ピンクゼリーの効果的な使い方と正しい使用方法

正しい使い方

 

 

我が家にコウノトリが運んでくる赤ちゃんは男の子ばっかり…授かりものだと分かってはいるけれど、やっぱり女の子は欲しい!と希望されている方は多いでしょう。

 

 

産み分けゼリーとしての評価が高いピンクゼリーの効果的な使い方と正しい使用方法をご紹介します。

 

 

産み分けゼリーにはピンクゼリーとグリーンゼリーの2種類があり、女の子を希望する場合はピンクゼリーを使用します。

 

 

女の子は膣内が酸性だと生まれやすいということで、ピンクゼリーは膣内を酸性の状態にしてくれるゼリーです。

 

 

グリーンゼリーだとアルカリ性の状態になり、男の子の産み分けが性交しやすくなります。

 

 

ピンクゼリーの使い方ですが、使う日は排卵日2日前!

 

 

排卵日には膣内がアルカリ性になりますので、アルカリ性になる前の酸性状態のときに性交を行います。

 

 

ご自身の排卵日が分からないという方は、基礎体温表や排卵検査薬を使用し排卵日を調べてみましょう。

 

 

簡単に調べる方法として排卵日付近のおりものチェックも複合的にしてみると排卵日予測の確率も高くなりますが、もし、自身の無い場合やどうしても分からない場合はクリニックでのエコーで排卵日を予測してくれますので受診するのもおすすめです。

 

 

排卵日2日前に性交をするのですが、女の子の産み分けで気を付けなければいけないのが、性交の内容。

 

 

女性がオーガズムを感じると膣内がアルカリ性になるため、酸性を保つためにあっさり浅めの性交が推奨されています。

 

 

性交前にピンクゼリーを膣内に注入し、ゼリーをこぼさないよう腰をクッションなどで高くし、その後あっさり目の性交を行うことで効果的だとされています。

 

 

ゼリーを注入後、しっかりと膣内に浸透させ、5分〜1時間後に射精を行います。

 

 

産み分けゼリーはクリニックでも用いられますが、クリニックの産み分けゼリーは湯煎しなければいけないのが難点でしたが、今回ご紹介するピンクゼリーは1回使い捨てのタンポン型で、キャップを折りワンプッシュでゼリーが注入されるようになっていますので、性交前にサッと注入することができるので簡単に使うことができます。

 

 

性交直前に湯煎して…ゼリーを注入して…となると性交ができなくなる可能性もありますよね。

 

 

間違った使い方をすると効果を期待することができませんので、ピンクゼリーを使用する際は正しい使用方法を行いましょう。

 

 

妊活サポート会社が産婦人科医と共同開発したピンクゼリーは、安心の日本製。

 

 

安全な産み分けゼリーで女の子の産み分けにチャンレジしてみましょう。

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら