妊娠しにくい?ピンクゼリーで妊娠率、妊娠の確率は下がる?

妊娠しにくい?ピンクゼリーで妊娠率、妊娠の確率は下がる?

妊娠率

 

 

「次こそは女の子が欲しいなぁ」と思っているコウノトリ待ちの夫婦の救世主、ピンクゼリーを使うと妊娠の確率が下がる?妊娠しにくいの?といった疑問があります。

 

 

産み分けゼリーのピンクゼリーの妊娠率はどうなっているのでしょうか?

 

 

ピンクゼリーはもともと産院で処方される産み分け用のゼリーで、排卵日2日前に性交を行い、性交直前にピンクゼリーを膣内に注入することで、女の子を授かりやすくするというもの。

 

 

ピンクゼリーは膣内を酸性濃度の高い状態にするので、酸性に強い女の子になりやすい精子を卵子に到達させてくれる効果があります。

 

 

ピンクゼリーの成分・原材料は自然由来成分で化粧品などにも用いられているものなので、ピンクゼリーを使用したからといって妊娠の確率が下がるといったことはなく、妊娠しにくいというということはありませんが、女の子の産み分けをするということは、男の子が産まれる可能性を下げますので、産み分け自体に妊娠しにくいといったデメリットがあることは覚えておきましょう。

 

 

注意点としては不妊治療をしている方は、産み分けで妊娠率が下がる可能性があるのでかかりつけの先生に相談してみてくださいね。

 

 

ピンクゼリーを使って女の子が妊娠した方は32人中37人で86%と高確率。

 

 

女の子が欲しい方はぜひピンクゼリーで産み分けチャレンジしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

排卵日当日にピンクゼリーを使ってはいけない理由

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら