ピンクゼリー1つの量は何回分の効果がある?

ピンクゼリー1つの量は何回分の効果がある?

量

 

 

女の子の産み分けとして有効だといわれているピンクゼリーは、1つのピンクゼリーは何回分の量なのでしょうか。

 

 

天からの授かりものである子供、元気であれば男の子でも女の子でも嬉しいことには違いはありませんが、もし希望が叶うなら女の子が欲しいという方も多くいらっしゃいます。

 

 

その希望を最大限サポートしてくれる産み分けピンクゼリーをより効果的に使って産み分けに成功したいというのが本音ですよね。

 

 

「ベビ待ちサポート専門会社」であるジュンビーのピンクゼリーでは、1回分のピンクゼリーは個包装されているので1つの容器に入れられ、使い切りタイプとなっています。

 

 

そのため、1つのピンクゼリーでは1回分の量しか入っていません。

 

 

1回分のピンクゼリーの内容量は膣内に行き渡りやすい1.7mlとなっており、他のピンクゼリーに比べると少ない量で1.5〜2倍ほどの効果が得られる量になっています。

 

 

ピンクゼリーには膣内の酸性濃度を高める効果がありますが、多く入れれば効果が上がるというものでもありません。

 

 

ピンクゼリー1回分を超えいれてしまうと、ジェルが膣内から漏れてしまい、同時に精子も漏れ失敗する原因となってしまいます。

 

 

用法を守り、正しい産み分け妊活をしましょう。

 

 

ピンクゼリーの効果的な使い方と正しい使用方法

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら