ピンクゼリーが溶けない…正しいピンクゼリーの溶かし方

ピンクゼリーが溶けない…正しいピンクゼリーの溶かし方

溶けない 溶かし方

 

 

女の子の産み分けゼリーとして有名なピンクゼリー、日本では様々な種類のピンクゼリーが販売され、多くのクリニックで用いられているピンクゼリーは湯煎で溶かし使用するタイプです。

 

 

しかし、使用している方から「一生懸命湯煎をしているけれどなかなか溶けない、いい溶かし方はないですか?」と質問を受けることが多いので、溶かし方のコツをご紹介します。

 

 

ピンクゼリーの使い方には「火傷しないくらいの熱い湯にふたをしたまま3〜4分つける」と書いていますが、約45度〜50度くらいを目安にしましょう。

 

 

湯煎する際にピンクゼリーの蓋がしっかり閉じていることを確認し、蓋の上までお湯が浸かる容器を使いますが、意外とお湯はすぐにぬるくなってしまうので、耐熱容器がおすすめです。

 

 

湯煎と聞くと、バレンタインのチョコレートを溶かすイメージではないですか?

 

 

大き目の容器に湯を入れ、その上にチョコレートの入った小さめの容器を入れて湯につける…

 

 

ピンクゼリーがなかなか溶けないという方はこのような湯煎の方法の方が多くいらっしゃいましたが、容器の途中までだと温度が全体に上がらず溶けにくくなってしまいます。

 

 

温度も正確に測るなら、クッキング用温度計を使うのも一つの方法ですよ。

 

 

それでもなかなかピンクゼリーが溶けない、溶かし方が分からないという方は産婦人科医と共同開発されたジュンビー株式会社のピンクゼリーがおすすめ!

 

 

品質や安全性にこだわり開発され、1回使い切りタイプなので湯煎の手間もないですよ。

 

 

 

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら