電車旅は大人も子供も楽しい。ゴールデンウィークに乗る関東穴場電車

電車旅は大人も子供も楽しい。ゴールデンウィークに乗る関東穴場電車

電車旅は大人も子供も楽しい。ゴールデンウィークに乗る関東穴場電車

 

 

 

鉄道マニアではなくても、電車に乗るのはワクワクして楽しいものですね。

 

日頃車での移動が多い方はもちろんですが、電車通勤、通学の方でも、日常から離れて電車に乗るのはきっと楽しいはず。

 

もうすぐやって来るゴールデンウィークには、電車の旅を楽しんでみませんか?

 

関東限定で、私も行きたい穴場を探してみました。

 

 

 

◆電車の中でも楽しめる、関東の穴場電車にはどんなのがあるの?

 

◆子供のいるファミリー向けにオススメの電車はあるの?

 

◆ゴールデンウィークはSLに乗りたい。関東穴場列車は?

 

 

 

これらについて、お伝えします。

 

 

ゴールデンウィークには、電車にまつわるいい思い出を作りたいですね。

 

 

 

 

 

 

◆電車の中でも楽しめる、関東の穴場電車にはどんなのがあるの?

 

 

・伊豆急行線の「リゾート踊り子号」と「リゾート21黒船電車」が素敵ですよ!

 

 

電車旅は大人も子供も楽しい。ゴールデンウィークに乗る関東穴場電車

 

 

 

静岡県の熱海駅から、伊豆急下田駅を結ぶ伊豆急行は、海岸線を走っているため、片側が海もう一方が山と、抜群のロケーションです。

 

しかも海沿いギリギリを走っているので、車窓からの景色は雄大で、まるで自分が海の上を走っているようにも見えて、息をのむ迫力です。

 

山間を走っている時は、新緑の美しさに癒されます。

 

 

何といってもオススメは、特急「リゾート踊り子号」のグリーン車です!

 

少し金額は高くなりますが、その天井は「満天の星空と海底の世界」両方をイメージしていて、プラネタリウムのように輝きます。

 

座席から見上げる美しい星空や、海底の神秘に思わずため息が出ますよ。

 

小さなお子様連れでも、退屈しないで会話が弾みます。

 

 

 

 

 

 

また「リゾート21黒船電車」では、歴史のお勉強にも最適なんです。

 

車内には、黒船の来航を始めとした幕末の歴史や、当時の下田の状況などが分かる資料や図版などが展示されていますので、お子様と語るのも楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

・グルメの方にはたまらないのがいすみ鉄道「レストラン・キハ」です。

 

 

運行区間は、千葉県大多喜駅から大原駅までです。

 

外観は、昭和のディーゼルカーといったたたずまいで、風情があります。

 

 

 

 

 

 

「伊勢海老特急」にはイタリアンコース・お刺身コースがあります。

 

 

「スイーツ・ワイン列車」ではスイーツに、「シェフのおまかせスイーツとコーヒー又はワイン」と、「シェフのおまかせチーズとワイン」があり選択できます。

 

 

「和菓子列車」では、和菓子とぜんざいを堪能できます。

 

 

これら全てが、列車の中で食べているとは思えないほどの、超本格料理なので、まるで動くレストランやカフェにいるようです。

 

それは本格的に美味しいはずです!

 

いすみ市の旅の宿、『九十九里ヴィラそとぼう』の料理長が腕を振るって作っているからなんです。

 

 

また材料が新鮮その物。

 

「レストラン列車」では、地元の伊勢海老、アワビ、サザエ、そして房総半島独特の「なめろう」などを使っているのです。

 

舟盛りのように豪快に盛り付けたお料理を堪能できる「レストラン列車」です。

 

ただし毎日走っている訳ではないので、事前の予約が必要です。

 

 

予約は二人以上、偶数人で申し込みましょう。

 

電話番号、043-309-8700で、訪ねてみてくださいね。

 

 

 

 

◆子供のいるファミリー向けにオススメの電車はあるの?

 

 

・しなの鉄道「ろくもん」はファミリーでも大丈夫です。

 

長野県軽井沢駅から長野駅間を走っていて、その列車から見える風光明媚な展開に心を奪われます。

 

子供用には飽きないように、ファミリー仕様の空間があり、木のボールプールで遊べるようになっています。

 

浅間山をはじめ、信州の山々を見渡せますから、ゆっくりとしたペースで景観と食事が楽しめる、家族連れにも嬉しい観光列車となっています。

 

地元食材をふんだんに使った、洋食のコース、和食懐石料理などを楽しむことができますが、食事をとらない人の乗車でもOKです。

 

 

 

 

 

 

 

食材にはこだわっていて、朝採れの高原野菜をはじめ、旬の食材を生かしています。

 

しかも地元の名店シェフたちが腕をふるっていますので、グルメの方でもきっと満足するでしょう。

 

お食事つきプランの申し込みは、0268-29-0069まで。

 

 

 

・知られざる穴場電車「トロッコわたらせ渓谷号」

 

群馬県みどり市大間々駅〜栃木県日光市足尾駅を走ります。

 

電車には「トロッコわたらせ渓谷号」と、平成24年4月1日にデビューした「トロッコわっしー号」の2種類があります。

 

行きたいけれどそれ程遠出はできないというファミリーにお勧めの電車です。

 

 

 

 

 

 

近いのに遠くへ行ったような旅気分が味わえるのが嬉しいです。

 

しかも料金も安く、大人(中学生以上) 510円、小人(小学生) 260円で楽しめます。

 

普通の電車と違うのは、窓ガラスがないのでオープンなのが特徴です。

 

爽やかな風を感じながら絶景が堪能できるので、新緑の香るゴールデンウィークにはぜひ乗ってみたいですね。

 

この電車の一番の見どころは、神戸駅から沢入駅の間の草木トンネルに入ると、車内がイルミネーションで飾られ、目を楽しませてくれることです。

 

 

 

 

 

 

神戸駅で下車すれば、構内にはレストランもあります。

 

沿線には各所イベントもやっています。

 

 

大間々駅0277-72-1117で、整理券お申し込が出来ます。

 

 

 

 

◆ゴールデンウィークはSLに乗りたい。関東穴場列車は?

 

 

・秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」は、始発の「熊谷駅」から終点「三峰口駅」までの、約56.8キロを約2時間40分かけてのんびりと走ります。

 

長瀞駅を発車して約5分後に、荒川を渡りますが、そこから見る眺めは絶景ですよ!

 

 

 

 

 

 

・栃木県の真岡鉄道 

 

下館駅〜茂木駅までの約42Kmを走るSLです。

 

毎週土・日・祝日に1日1往復のみの運行です。

 

 

 

 

 

一ヶ月前からSL整理券を販売しているので、人気があるSLのため、乗りたい方は早めに購入するのがベストです。

 

お問い合わせ、申し込みは、0285-84-2911へ。

 

 

・ 静岡県の大井川鐵道

 

春休みから12月上旬まで、毎日運行しているSLというのは、日本ではこれだけです。

 

島田市の新金谷駅から乗車できます。

 

 

 

 

 

 

車内にはお弁当がありますが、事前の予約制となりますので、忘れず申し込みましょう。

 

予約していない場合には、駅で購入出来ますので心配いりません。

 

昭和からの現役車両があるので、それは大層個性的に見えます。

 

客席も昔の姿そのままで、昭和ノスタルジックな世界観を味わえるのが特徴です。

 

 

 

いかがでしたか?

 

ちょっと変わった豪華な電車、お子様にも楽しい電車、レトロなSLとそれぞれ特徴があります。

 

電車に揺られてのんびり旅を楽しむのもいいものです。

 

日常の生活からすっかり解放されて、ゴールデンウィークはゆったりした気分で旅を楽しみたいですね。

 

そんなプランの参考になれば幸いです。