高確率!?ピンクゼリーの産み分け成功率はどのくらい?

高確率!?ピンクゼリーの産み分け成功率はどのくらい?

確率

 

 

高い確率で女の子の産み分けができると評判のピンクゼリー、その産み分け成功率は一体どれくらいなのでしょうか?

 

 

産み分けゼリーとは、その名の通り、生まれてくる赤ちゃんを希望する性別にする確率を高める潤滑ゼリーのことです。

 

 

使い方は簡単!性交前に女性の膣内にピンクゼリーを入れるだけで、酸性の膣内にしてくれるので、女の子が授かる確率が高まるというもの。

 

 

産婦人科によっても産み分けゼリーを使って産み分けをサポートしてくれる病院もありますので、効果は期待できますね。

 

 

ピンクゼリーの産み分け成功率は79.9%とされており、約80%とかなり高い確率です。

 

 

排卵日2日前、ピンクゼリーを使って性交するという条件のもと、7958名の女性を対象として統計がとられ、うち7129名が妊娠、なんと女の子が生まれたのは5700名でした!

 

 

まず妊娠できなかった理由として排卵日がずれていた、卵子の成長が低かった等の理由で妊娠されない方もおられますが、一番大きな原因はストレスではないでしょうか。

 

 

「絶対に女の子が欲しい!」とストレスがかかると女性ホルモンが低下し、妊娠しにくくなるため、80%という数字だけを見てあまり期待せずに、どちらかというと女の子が生まれやすい程度に期待している方が、ストレスがかかりにくいでしょう。

 

 

実際に私が使用し、女の子を授かることができましたがやはり授かりもの。
特に女の子の場合は、エコーではおちんちんが隠れていた…ということも少なくありませんので、最後の最後まで女の子か男の子か分からないのが事実です。

 

 

希望はしていましたが、「どちらでも授かりものに変わりない」というおおらかな気持ちをもって使用することが良いかと思います。

 

 

公式サイトから購入すると、無事おめでたを迎えた方でピンクゼリーが余ってしまったという方はエコー写真を送ると買取キャンペーンがありますので嬉しいですね。

 

 

私は3人目で女の子を授かったので、もう1箱余ったピンクゼリーは使うことがなかったので買取していただけて助かりました。

 

 

買い取っていただいたお金で赤ちゃんの服などが買えますもんね。

 

 

より効果的に妊娠、産み分けをするためには日ごろから基礎体温を測り排卵日を特定しやすくすること、冷え防止で血行を良くしておくことが大切です。

 

 

基礎体温表が2層に分かれていない方は女性ホルモンのバランスが乱れていますので、クリニックなどでまずきれいな2層にさせましょう。

 

 

安全な国産天然成分のピンクゼリー、女の子の産み分けを希望する方はぜひお試ししてみてくださいね。

 

 

 

 

【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら