ゴールデンウィークに行きたい子供も大喜び関東の穴場スポット

ゴールデンウィークに行きたい子供も大喜び関東の穴場スポット

 

 

 

 

 

2016年のゴールデンウィークの計画は既に決まっていますか?

 

計画を立てたとしても、目的地に多くの人がいる事を考えちゃって結局はゴールデンウィークを家で過ごした経験はありますよね。

 

そこで今回はゆっくり楽しみたい、という方の為にゴールデンウィーク中に行きたいおススメスポットを紹介します。

 

名付けて「首都高で行こう!日光ドライブ」。

 

また、これからご紹介する場所は同じ県にあるスポットなので、1日で3か所を楽しめます。

 

 


目次
1、けっこう漬け本舗 今市インター店
2、日光東照宮
3、日光物産商会(金谷ホテルベーカリー)

 

 

 

●けっこう漬け本舗 今市インター店

 

ゴールデンウィークに行きたい子供も大喜び関東の穴場スポット

 

ゴールデンウィークだから日常体験では味わえない事を楽しみたいですよね。

 

まず、おススメするのは、「けっこう漬け本舗 今市インター店」。

 

地元産のそば粉を使った手打ちそばもいただける漬物屋。
「ここの蕎麦は立ち寄って損はないよ」と県内の友人に紹介されました。

 

人の紹介で立ち寄った店は、好みがはっきりと分かれるので、全く期待はしていませんでした。

 

とりあえず、もりそばを注文。

 

お通し代わりのお漬物を食べながら待ちました。お茶に漬物が合う。
お蕎麦は、JA上都賀産の地粉を100%使用。
茹でたてプリプリ、喉越しツルツル、そして、一人前のボリュームも文句なし。
想像は見事に裏切られました。

 

蕎麦の香りがビンビン伝わてくる。つゆの味も文句なしに上手し。
蕎麦湯まで濃くて美味しい。

 

また、野菜がたっぷり入った味噌ベースのけんちん汁にそばをつけて食べる「冷やしけんちんそば」も人気です。
独自のタレに仕込んだ様々な野菜のけっこう漬け(たまり漬け)も試食できるから、お気に入りをお土産にどうぞ。

 

日光の湯葉ががおいしい。クリーミーでなめらかな舌ざわりの刺身ゆば。

 

これだけの蕎麦を出しながら、蕎麦屋としての店名がないのが面白いやら不思議やら。お近くに寄った際は騙されたと思って入ってみてください

 

 

HP
http://kekkouzuke.co.jp/

 

 

 

●日光東照宮

 

ゴールデンウィークに行きたい子供も大喜び関東の穴場スポット

 

日光といえば、外してはいけません。「日光東照宮」

 

境内には数々の国宝があり、世界遺産に登録されていた日光を代表とする名所。徳川家康の墓所がある奥宮はパワースポットとしても人気。
ご神木の「叶杉」にお参りして、ここでしか販売されていない「叶鈴御守」を手に入れたら願い事がかなうかも。

 

祈祷受付所で貸し出されている専用パンフレットとペン型の音声ガイドを利用すれば、日光東照宮をより深く知ることもできます。
(1代1,000円、返却時500円返金)

 

猫も眠る平和を暗示した眠り猫がお出迎え。
見る位置によってはネコの表情がまったく違う。真正面から猫を見ると、寝ているように見えます。
眠り猫の裏には雀が彫刻されています。

 

有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の彫刻は、猿の一生を描いた8枚の浮彫画の一つなのです。
子供の頃に行ったかもしれませんが、今回は事前に知識も蓄えているので見方がガラリと変わってきますよ。

 

1枚目の母猿と子猿の絵は誕生。
2枚目の絵は幼少期。
悪い事を見ても聞いても言ってもいけない、というのが有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」です。
3枚目の絵は少年期。
4枚目は青年期。
5枚目は人生の分岐。
6枚目は恋のお悩み。
7枚目は結婚。
8枚目は妊娠。理解すると見方が変わりますよね。

 

日光東照宮の陽明門は500以上の彫刻は美しく思わず見惚れてしまいます。
この陽明門前の鳥居に強力なパワースポットがあると言われています。

 

徳川家康が本殿から江戸城にエネルギーを常に送り続けているされていました。
鳥居の中央下から8つ目の敷石がパワースポットとなっている。

 

日光東照宮でパワースポットをたっぷり浴びて運気を引き込みたいですね。

 

■ 基本情報
・名称: 日光東照宮
・住所: 栃木県日光市山内2301
・アクセス: JR日光駅・東武日光駅より東武バスで「神橋」下車 徒歩8分
・拝観時間:  
 ◆ 4〜10月|8:00〜17:00 
 ◆ 11〜3月|8:00〜16:00
・定休日: なし
・電話番号: 0288-54-0560
・拝観料: 大人・高校生1,300円、小・中学生450円
・所要時間: 1〜4時間

 

 

HP
http://www.toshogu.jp

 

 

 

●日光物産商会(金谷ホテルベーカリー)

 

ゴールデンウィークに行きたい子供も大喜び関東の穴場スポット

 

明治時代に建設されたという、赤い屋根の日本家屋が特徴的な土産店「日光物産商会(金谷ホテルベーカリー)」。

 

レトロな雰囲気のレストランで食事を楽しんだり、日光のお土産をまとめ買いするにも便利です。

 

金谷ホテルの坂を下りたら日光街道に面した場所の右側にあります。
2階の火灯窓の上に「日光食堂本店」の看板。1階には「金谷ホテルベーカリー」とあります
赤い鉄板葺きの屋根が目印です。

 

建物には「そば処 神橋庵」「カフェレストラン 匠」「日光金谷ホテルベーカリー」が入っています。
パン以外にも食べられるのが嬉しいですね。

 

一番人気のロイヤルブレッドを購入して家で食べました。

 

個人的には焼いた方が好きなので、オーブンで焼きました。
たっぷりのバターを塗って食べました。
外はカリカリで中はフワフワと、食パンの美味しさが口の中に広がりました。

 

パンの他にもクッキーなどもあるので、
車内で手軽に食べられるおやつにしても良いですよ。

 

【日光物産商会(金谷ホテルベーカリー)】
321-1406 日光市松原町1-7
電話 0288-54-1313
9:00-18:00 (季節変動あり) 無休

 

 

HP
http://www.bussanshokai.com/kanaya/tobu.shtml

 

 

 

まとめ
ゴールデンウィークの関東のおススメスポットを集めました。

 

また、今回ご紹介したスポットは同じ県にあるので、1日で3か所を楽しめます。

 

ゴールデンウィークの予定を決めていない人は是非参考にしてみて下さいね。

 

ありふれたスポットではなく、非日常を楽しんでください。