今年のゴールデンウィークに行きたい関西の日帰り穴場スポット

今年のゴールデンウィークに行きたい関西の日帰り穴場スポット

 

 

 

 

 

 

2016年のゴールデンウィークの計画は既に決まっていますか?

 

計画を立てたとしても、目的地に多くの人がいる事を考えちゃって結局はゴールデンウィークを家で過ごした経験はありますよね。

 

そこで今回はゆっくり楽しみたい、という方の為にゴールデンウィーク中に行きたいおススメスポットを紹介します。

 

名付けて「六甲山のドライブウェイを駆け抜け湯の町の散策。六甲・宝塚・有馬へレッツゴー」。

 

また、これからご紹介する場所は同じ県にあるスポットなので、1日で3か所を楽しめます。

 

 


目次
1、神戸市立森林植物園
2、自然体感展望台 六甲枝垂れ
3、有馬温泉

 

 

 

●神戸市立森林植物園

 

今年のゴールデンウィークに行きたい関西の日帰り穴場スポット

 

ゴールデンウィークだから日常体験では味わえない事を楽しみたいですよね。

 

そこで今回はおススメするのは、
六甲山で世界の森めぐりを楽しめる「神戸市立森林植物園」。

 

標高約450mの六甲山地に広がる園地に、
日本の針葉樹をはじめ、世界各地の樹林を表現しています。

 

神戸市北区の市立森林植物園でツツジとシャクナゲがピンク、赤、白の花を咲かせています。
あじさい園にはヤマアジサイ、西洋アジサイ、ツルアジサイの姿もお目見え。

 

森林浴を楽しみながら、
四季折々の自然風景を満喫できます。

 

国内有数のアジサイの名所としても知られ、
花が見ごろとなる5月〜7月には25種類、約5万株のアジサイが咲き誇る。
ヒノキが茂る林の道に沿って、六甲山系に自生するツツジや約4,000本のシャクナゲが花を開花しています。
日頃のストレスを一気に解放され、すがすがしい空気の中で花を眺めながらの散策を楽しめます。

 

森林展示館では樹齢約2,000年のジャイアントセコイアの輪切りを展示され、
六甲の自然と植物について、資料や標本などで紹介しています。

 

 

HP
http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

 

 

 

●自然体感展望台 六甲枝垂れ

 

今年のゴールデンウィークに行きたい関西の日帰り穴場スポット

 

次は展望施設をご紹介いたします。

 

檜材の「枝葉」におおわれた展望台「自然体感展望台 六甲枝垂れ」。
自然を体感しながら六甲山上から眺めを楽しもう。

 

シーズンごとに色とりどりにライトアップされた展望台自体がアート作品が楽しめます。

 

山の上に立つ1本の大きな樹がコンセプトのオブジェは、
ヒノキを使って作ったドーム型の「枝葉」を通じて差し込む光が体にエネルギーを与えてくれます。

 

建物内には展示されているのはイベントで設置されたアート作品です。
「六甲枝垂れ」とのコラボレーションを見せてくれます。

 

「六甲枝垂れ」は犬島精錬所美術館で三分一博志(さんぶいちひろし)さんが設計しています。

 

もちろん六甲枝垂れから眺める1,000万ドルの夜景は文句なし。
ぜひ自然とアートのコラボレーションを体で体感してください。

 

ちょっとお腹がすいたら「六甲ガーデンテラス」がおススメです。
標高880mの六甲山上で展望と食事が楽しめる観光スポット。

 

神戸のセレクト雑貨が揃う店など5つの店舗でショッピングも楽しめます。

 

 

〒657-0101
神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
TEL:078-894-2281
FAX:078-891-1171

 

HP
http://www.rokkosan.com/view/

 

 

 

●有馬温泉

 

今年のゴールデンウィークに行きたい関西の日帰り穴場スポット

 

いっぱい遊んで、食べた後はゆっくり温泉に入りたいですよね。

 

太閤秀吉も愛した山間のいで湯「有馬温泉」。
太閤橋から親水公園沿いを歩いて湯の町・有馬を散策できます。

 

「金泉」「銀泉」の2つの源泉を湧き、
豊臣秀吉が愛したことで知られる温泉地です

 

神戸市北区にある日本を代表する有名な温泉地の一つの有馬温泉。
日本最古の温泉といわれおり多くの観光客がそのお湯を求めて訪れています。

 

有馬温泉はこの金泉が有名です。金泉には少し塩分が含まれているので保湿効果がありお肌がマイルドになります。
また身体の芯から温まるので湯冷めもしにくく、殺菌効果にもすぐれています。

 

一方の銀泉は無味無臭のさらっとした肌触りの泉質。
金泉が苦手という人にはクセのない銀泉が楽しめます。

 

金泉は源泉より直引きの有馬御苑(アリマギョエン)だったり、
鎌倉時代以前からの古い歴史のある旅館の角の坊(カドノボウ)があります。
角の坊(カドノボウ)は「金泉」の泉源より直接引湯していて、
加水・加熱は一切していないため濃い温泉を堪能できます。

 

”関西の奥座敷”と呼ばれ、料理自慢の温泉旅館が並びますね。
公衆欲場や足湯などで湯めぐりを楽しめ、風情ある温泉街を散策できます。

 

 

営業時間:11:00〜14:30(受付は〜14:00)
営業日:木曜・年末年始定休
住所:兵庫県神戸市北区有馬町1296
電話番号:078-904-3737
公式サイト:http://www.arima-gyoen.co.jp

 

 

角の坊(カドノボウ)
営業時間:11:00〜14:30
営業日:平日のみ(不定休・土曜日・休前日は休み)
住所:兵庫県神戸市北区有馬町878
電話番号:078-904-0771
公式サイト:http://www.kadonobou.com/

 

 

 

まとめ
ゴールデンウィークのおススメスポットを集めました。

 

また、今回ご紹介したスポットは同じ県にあるので、1日で3か所を楽しめます。

 

ゴールデンウィークの予定を決めていない人は是非参考にしてみて下さいね。

 

ありふれたスポットではなく、非日常を楽しんでください。