ピンクゼリーの入れ方・入れるタイミングは?使うタイミングはいつ?

ピンクゼリーの入れ方・入れるタイミングは?使うタイミングはいつ?

入れるタイミング

 

 

女の子が欲しい夫婦の必需品、ジュンビーのピンクゼリーですが、使うタイミングはいつ?その入れ方や入れるタイミングを解説します。

 

 

子どもを希望する夫婦は多くが「一人目は跡取りもあるし男の子がいいな」「服も可愛いしやっぱり女の子が欲しいな」「一富士二鷹三茄子が理想!」と様々な希望を持っているでしょう。

 

 

ピンクゼリーは女の子を希望する夫婦の産み分けのために開発された膣内に入れるゼリーで、厚生労働省から体内への使用が認可された管理医療機器商品です。

 

 

性別はX・Yの2つの染色体の組み合わせによって決められ、男性(精子)にはX・Yの2つの染色体、女性(卵子)にはX染色体のみが存在します。

 

 

男の子(XY)を希望する場合は、卵子Xと精子Yが受精すること、女の子(XX)を希望する場合は、卵子Xと精子Xが受精することが必要で、産まれてくる赤ちゃんの性別は、男性の精子の性染色体のうち、XとYどちらが受精するかによって決められ、産み分けをするには、XとYどちらを受精させるかを考える必要があります。

 

 

Y染色体は、アルカリ性に強く、X染色体は酸性に強い性染色体のため、希望する性染色体を持つ精子を性行為による射精後に生き残りやすくし、女性の膣内環境を調整することで産み分けの確立を高めるために産み分けゼリーを使います。

 

 

女の子を希望する場合には、ピンクゼリーを使用し膣内環境を酸性にします。

 

 

ピンクゼリーの使い方はとっても簡単!

 

 

性行為の前にピンクゼリーを膣内に注入するだけ!

 

 

ピンクゼリーの容器は生理用品のタンポンのような形状になっていて、膣内に入れた後にワンプッシュでジェルを注入し、容器をゆっくり引き抜きます。

 

 

緊張すると膣内が収縮して痛みがある場合がありますので、リラックスした姿勢で挿入することを推奨されています。

 

 

ここで注意点が…性行為は膣内の酸性濃度が高い排卵日2日前にすること。注入したジェルが膣外へ出ないようにクッションを腰に当てるなど工夫すること、ピンクゼリーを注入した後は5分ほど膣内に浸透させることが必要です。

 

 

排卵日の予測は、基礎体温表をつける、排卵検査薬を使用する、クリニックのエコーで予測してもらう等でできるだけ正確に予測しましょう。

 

 

また、女性がオーガズムを感じることで膣内分泌液が多量に分泌し膣内環境がアルカリ性になってしまい、アルカリ性に強い男の子のY染色体に優位になりますので、あっさり目の性行為をお勧めします。

 

 

ピンクゼリーの適切な使い方で、女の子を運んでくるコウノトリを待ちましょう!

 

 

 

 

 

 

 

良い評判は嘘?本当?ジュンビーのピンクゼリーに悪い評判はないの?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら