2016年ゴールデンウィークに行きたい九州の日帰り穴場スポット。

2016年ゴールデンウィークに行きたい九州の日帰り穴場スポット。

 

 

 

 

 

 

2016年のゴールデンウィークの計画は既に決まっていますか?

 

計画を立てたとしても、目的地に多くの人がいる事を考えちゃって結局はゴールデンウィークを家で過ごした経験はありますよね。

 

そこで今回はゆっくり楽しみたい、という方の為にゴールデンウィーク中に行きたいおススメスポットを紹介します。

 

名付けて「自然を満喫。阿蘇の草原を駆け抜けよう」。

 

また、これからご紹介する場所は同じ県にあるスポットなので、1日で3か所を楽しめます。

 

 

1、九重”夢”大吊橋
2、坊ヶづる庵
3、阿蘇神社門前のスポット

 

 

 

【九重”夢”大吊橋】

 

阿蘇夢大吊橋

 

ゴールデンウィークだから日常体験では味わえない事を楽しみたいですよね。

 

まず、おススメするのは、「九重”夢”大吊橋」。
日本一の大吊橋で空中散歩が出来ますよ。

 

「九重“夢”大吊橋」は2004年から工事が始まり、2006年よりオープンしました。
2013年には800万人以上の来場者を突破しました。大分に立ち寄った時はおススメするスポットですね。

 

高所恐怖症でも吊橋が耐えられる重さは、
体重65kgの人が1,800人乗っても耐えられる強度を誇ります。

 

吊橋ならではの恐怖感を感じながら、目に飛び込む景色をぜひ堪能してください。

 

全長390m、高さ173mあり、歩行者専用吊橋としては長さ、高さともに日本一!
断崖絶景の景勝地、九酔渓・鳴子川渓谷を眼下に望み、爽快な風を感じながらの橋上散歩は、
まるで空の上を歩いているよう。

 

ゴールデンウィークでは草木は青々としており、紅葉の時期になると谷の左右が赤や黄色に彩られます。

 

標高777mの橋の上からは、くじゅう遠山も目の高さで望める。
やまなみハイウェイからは案内看板に従って道なりに行くと到着するのは
北方側、橋を渡った先にあるのが中村側となっている。

 

中村側入口には「日本一の大吊橋」看板があり記念撮影する人が多いですね。

 

この素晴らしい景観の中にたたずむ吊り橋のアーチを見ると、日頃の悩みも吹っ飛んでしまうほどの雄大さがあります。

 

 

■九重”夢”大吊橋■
住所:大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地
電話番号:0973-73-3800
その他:定休日は特にはありません。

 

HP
https://youtu.be/TIA-Tg8k__A

 

 

 

【坊ヶづる庵】

 

2016年ゴールデンウィークに行きたい九州の日帰り穴場スポット。

 

歩いたのでちょっと休憩でも。お腹がも空きましたよね。

 

くじゅう遠山一望の食事処「坊ヶづる庵」。

 

「九重“夢”大吊橋」から車で約5分にあります。
自家農園の野菜、豊後牛や地鶏を使った郷土料理を堪能できます。
また、くじゅう遠山一望などを眺めながら食事が出来るというオプションもあります。

 

外観は近所にある定食屋さんのようなですが、
店内に入るとイメージは一変。
晴れているとテラス席には明るい光が差し込んで絶景が写ります。思わず「ワァー」と声が出てしまう程です。
東は花牟礼山から西は泉水山まで、九重連山を眺めることができる場所はごく一部だと、店員が言っていました。

 

”てぼ”とよばれる柄のついた籠に、地元の旬の素材を使った料理を盛り込んだ、長者てぼ定食がおススメです。
「長者」は下山してきた地名の長者原(ちょうじゃばる)からとり、「てぼ」は手盆です。

 

無農薬栽培の野菜、地鶏のたたき、季節の山菜をふんだんに使った料理が充実。季節の料理が10種類ほどの小鉢がきれいに盛り付けられています。

 

 

坊ヶづる庵
大分県玖珠郡九重町田野鳴川1726-368
定休日 : 月
休業 : 定休日が祝日の場合は翌日休

 

HP
http://www.bougazuruan.com/

 

 

 

【阿蘇神社門前のスポット】

 

2016年ゴールデンウィークに行きたい九州の日帰り穴場スポット。

 

熊本地震の影響により、阿蘇神社は立ち入り禁止となっておりますので今回はその周辺にあるスポットをご紹介いたします。

 

ちなみに阿蘇神社は清らかな水が湧く古社です。

 

全国500以上ある阿蘇神社の総本社で創建は紀元前282年と伝わります。
阿蘇開拓の租・健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめとした12神を祭っている。

 

境内には良縁に恵まれるという高砂の松や願いかけ石、神の泉などもありましたが、ご紹介出来ないのが残念です。

 

阿蘇神社周辺にある「門前町の水基(みずき)」です。

 

水基とは水飲み場のこと。
阿蘇の伏流水が門前町の30ヵ所以上で湧き、
それぞれの趣向を凝らして設けられている。

 

この水は、料理やお菓子に使われている他、観光客も自由に飲むことができる
神の泉は阿蘇神社の楼門前にあり、湧き出る水が信仰の対象ともなっている。
縁むすびの水は御利益を求めてここを訪れれる女子多数。
金運の水は銀行の横にあるためこの名に。金運がアップするかも。
語りの雫は喫茶店「ことの葉」前にある。花と緑に囲まれている。

 

また、「湧水かんざらしの店 結」もおススメです。
旧女学校の校舎などが立つ敷地内には湧水が流れ、
涼しげな水の音に耳を傾けているだけで癒される雰囲気になります。

 

湧水で冷やした白玉を味わう「かんざらし」は黒蜜、白蜜、好みで選べます。

 

味を楽しめるのもいいですね。
黒蜜だけをかけたり、きな粉だけをかけたり、黒蜜ときな粉と混ぜて食べるのもいいですね。

 

白玉はモチモチと歯ごたえがあり、満足感があります。
この独特の雰囲気は他ではけっして味わえませんので、この場所で食べるのがおススメです。

 

雑貨や古美術も販売しております。
お土産にはピッタリかもしれませんね。

 

 

基本情報
「門前町の水基(みずき)」
住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地
料金:無料

 

「湧水かんざらしの店 結」
住所:熊本県 阿蘇市 一の宮町宮地 3204

 

 

「門前町の水基(みずき)」

 

 

 

「湧水かんざらしの店 結」食べログ
http://tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43006595/dtlmap/

 

 

 

まとめ
ゴールデンウィークのおススメスポットを集めました。

 

また、今回ご紹介したスポットは同じ県にあるので、1日で3か所を楽しめます。

 

ゴールデンウィークの予定を決めていない人は是非参考にしてみて下さいね。

 

ありふれたスポットではなく、非日常を楽しんでください。