【注意!】ピンクゼリーとインクリアは併用できないって本当?

【注意!】ピンクゼリーとインクリアは併用できないって本当?

併用

 

 

産み分けゼリーであるピンクゼリーと膣内の自浄作用を高める洗浄器であるインクリア、この2つを併用することは可能なのでしょうか?

 

 

女の子を産むための条件として、膣内を酸性に保ち、酸性に強い(女の子が産まれやすい)精子を卵子に到達させることが重要です。

 

 

排卵日に近づくにつれて膣内はアルカリ性が強い環境になりますので、排卵日当日に性交した場合は、アルカリ性に強い精子が生き残り、卵子に到達することで男の子が産まれやすい可能性になります。

 

 

ピンクゼリーは性交前膣内にゼリーを注入し、膣内環境を酸性に保つ作用があり、インクリアは産み分けのためのものではなく、膣洗浄と謳って販売されています。

 

 

ピンクゼリーのpHは約5.5で、インクリアのpHは約4.5の酸性、どちらも膣内を酸性に保つにはちょうど良い成分です。

 

 

アメリカの産み分けサイトでは、pH4.0程度の低pHでも産み分け妊娠が可能だと報告されているので、インクリアでも膣内を酸性に保ちつつの妊娠は可能なようです。

 

 

インクリアは韓国の産後ケアとして開発され、膣内の自浄作用を向上し、デリケートゾーンの臭い、おりもののトラブルを軽減してくれるもので、管理医療機器として承認されています。

 

 

ピンクゼリーのみの使用ですと、性交前後だけ酸性に保つイメージがありますが、インクリアは日ごろから膣内を酸性に保つことができるでしょう。

 

 

女の子の産み分けをしたくて膣内の酸性を心がけている方は、普段からクランベリーサプリなどを飲み身体の内側から酸性にしている方も多く、インクリアで日ごろから酸性に。

 

 

また、性交直前にはピンクゼリーを使ってさらに酸性に。

 

 

トリプルケアで産み分けにチャレンジされている方も少なくありません。

 

 

ピンクゼリー、インクリアとも安全が高く産婦人科医とともに開発されていますので、併用しダブルケアで産み分けにチャレンジすることも良いかもしれません。

 

 

インクリアを産み分けゼリーとして代替されているブログなどは数件しかみられませんが、膣内を酸性に保つという作用は女の子の産み分けに対して理にかなっています。

 

 

精子が好む膣内環境は弱アルカリ性なので、酸性になり過ぎず酸性の環境にする…難しいのですが、強酸性にし過ぎても受精に至らない可能性もありますので両者併用される方はやりすぎないように注意が必要ですね。

 

 

インクリアは大手ドラッグストアで取り扱いがありますが、入荷数が少なく置いている店舗も少ないようなので確実に入手したい方は公式サイトからも購入をおすすめします。

 

 

ピンクゼリーも公式サイトからの購入が良いでしょう。

 

 

割引価格での販売やジュンビー葉酸サプリのプレゼント、さらに妊娠された場合に余っているピンクゼリーを買い取っていただけるという太っ腹キャンペーンを行っていますよ!

 

 

産み分けに成功して可愛い女の子を待ちましょう!

 

 

 

 

失敗体験談!ピンクゼリーで産み分けして男の子だった!?

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー
ピンクゼリー購入はこちら