ピンクゼリーの悪い口コミ・悪評は本当?使ってみた感想や効果について

ピンクゼリーの悪い口コミ・悪評は本当?使ってみた感想や効果について

悪評

 

 

女の子を希望する方の間で話題になっているピンクゼリーの産み分け効果、一体本当なのでしょうか?

 

 

口コミでは、待望の女の子が生まれたという報告や、使いやすいので続けることができる、産婦人科より安く産み分けができたという良い口コミが多数みられました。

 

 

その一方で、女の子が生まれなかった、期待していた効果はなかったという悪い口コミ・悪評も一部あるようです。

 

 

私自身は男の子3人のママですが、どうしても女の子が欲しいと切望し、今回お試しさせていただきましたので、実際に使ってみた感想や産み分け効果があったかどうかをご報告します。

 

 

産婦人科と共同開発された「ベビ待ちサポート専門会社」ジュンビー(junbie)の産み分けピンクゼリーは、コンタクトレンズやコンドーム等と同様に厚生労働省から管理医療機器として認証され、特許庁から商標登録されたものです。

 

 

膣内に挿入して使うものなので厚生労働省から認証されたものとなると安心感がありますね。

 

 

特にジュンビーはママジュンビーやジュンビー葉酸サプリを販売している妊活に特化した販売会社ですので、産み分けゼリーにもこだわりを感じることができます。

 

 

形状は独自開発された白いタンポン状で個包装、使用時の抵抗感が少なく、1本に1回のゼリーが入った使いきりタイプになっています。

 

 

使いたいときにワンプッシュでゼリーが出るようになっていますので、旧来の湯煎タイプのものと比べるとお手軽ですね。

 

 

使う日は一番妊娠しやすいといわれている排卵日2日前、基礎体温の計測とおりものでだいたいの日にちはつかめていますので、夫婦2人でチャレンジします。

 

 

ピンクゼリーは性交中ではなく成功前に使えばOKなので雰囲気も壊すこともありません。ゼリーが膣内全体に行きわたるまで5分待ち性交を開始しますが、前戯で1時間経過しても大丈夫だそうです。

 

 

ただし、腰にクッションなどを敷きゼリーがこぼれないように注意が必要です。

 

 

女の子の産み分けでは、女性がオーガズムを感じずあっさり性行為がおすすめといわれていますので、ゼリーを入れてからはあっさり早めに性交するのが良いですね。

 

 

女の子が欲しいと思ってからはあっさりの性交でしたので、ピンクゼリーを入れることも苦にはなりませんでした。

 

 

ピンクゼリーを入れるだけで女の子の産み分けができるなんて本当?と思いましたが、膣内を酸性の状態にすることで女の子ができやすくなるというものだそうです。

 

 

逆にアルカリ性にすると男の子ができやすいそうです。

 

 

まだ使い始めて3カ月、やっとピンクゼリーに慣れてきたところです。

 

 

使ってみればとっても簡単でゼリーにも違和感なく性交できていますので、女の子が欲しい方は確率を少しでも高くするために使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

もちろん、ピンクゼリーを使ったからといって100%確実に女の子が生まれるという保証はありませんが、体に悪いものではないですし、試してみて損はありませんね。

 

 

高額な産み分けクリニックよりはるかに安い金額で済みますし、安全性も高いので、チャレンジして見る価値はあると思いますよ。

 

 

悪い口コミや悪評が気になるという方もいると思いますが、どんな商品にも悪い口コミや悪評はあるものなので、気にしすぎるのもどうかと思います。

 

 

これからに期待してピンクゼリー使い続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

追記:
その後、無事女の子を授かることができました!

 

詳しくは以下の記事をご覧になってくださいね。

 


【成功体験談】ピンクゼリーで女の子の産み分けに見事成功!!